株式会社レフトーバー(since 2017)

会社概要

事業内容

弊社は、複数のウェブサイト運営による広告収入、並びに、提携するクライアントの商品を紹介する事で発生する報酬を主な収入源としています。

業務内容は、インターネットを通じて所有するウェブサイトにアクセスを集め収益化する広告代理業です。

社名の由来

およそ7年間、個人事業として活動して参りましたが、2017年3月23日に『株式会社レフトーバー』として法人化致しました。

『レフトーバー』という社名は、野球で云うところのレフト(オ)ーバーではなく、「食べ残し(leftover food)」が由来となっています。これは、市場戦略として、ニッチなジャンル(残り物)を開拓していく事の重要性を意味します。

また、字数も少なくシンプルで聞き馴染みのある言葉として選びました。

作業環境

弊社のメリットは、インターネット環境があれば場所を問わず仕事が成立する事にあり、一体型デスクトップ1台のみで作業を行っています。

法人組織でこうした仕事を行っていると、人件費や設備費が必要だったり、オフィスワーカーのように忙しなく仕事をしているというイメージを持たれることもありますが、そうしたことはありません。

全ての作業を一人で完結できるよう調整している為、人件費、設備費等のランニングコストを最小限に留める事が可能で、人の出入りも無い為、一般的な賃貸物件の生活範疇に十分収まる範囲です。

必要とあれば、外注を利用する場合もありますが、それもインターネットでのやり取りのみで完結できています。

また、宅内で動画撮影などを行うような業務は不要な為、近隣住宅等への迷惑となる心配もありませんが、そうした配慮は、法人代表者としてではなく、居住者として最低限のモラルと捉えています。

展望

インターネットを利用し行う在宅ワークは参入障壁は高く、定職としては現実的ではないと思われがちです。

しかし、生活環境を職場として併用する事ができる為、設備費用は少なく済み、通勤時間も節約できます。

こうしたメリットを活かし、より参入しやすいビジネスとして定着できるよう日々努力していきたいと思います。