株式会社レフトーバー(since 2017)

理念

株式会社レフトーバーは、インターネットを市場とする広告代理業を主商品とし、7年間の個人事業を経て設立されました。

設立に至るまでの7年間は、ウェブ限定の広告代理店という未知の世界で着実にアウトプットを生み出し、同時に、作業効率化およびに費用の見直しを徹底する為の期間として必要不可欠なものでした。

何千時間にも及ぶ作業の中には、ただ時間を漏出しただけの無駄も少なく有りません。

しかし、それこそが弊社の強みです。

ソフト、ハードの両面で無駄を削る為に様々なテストを行い、”低コスト+安定的収益”の追求。

増資に依存した単純な利益ではなく、小ロット、低資金から永続的な収益モデルの構築、コスト管理の感覚を養う為に早くから自計化を導入。

これらも実用性に欠ければ意味が無い為、結果主義の成果報酬型マーケティングのみを行っております。

主な集客を検索によるオーガニックアクセスとする事で、広告費の節約と同時にクライアントの新規顧客獲得ニーズを満たす。

その為に、自社管理メディア群の継続的なモニタリングと修正を行い、検索数の大きさに頼ったマッチングでなく、コンバージョンの改善を常に意識し、顧客の需要を満たす情報を提供する事で少ないアクセスでも収益に繋げる為の分析と反映。

これらの作業を一貫して行う事で独自のアプローチを確立。

結果、弊社の取り扱う商材の総合的なCV率は、5%を優に超え、今では、10%を当たり前のものとなっています。

  • 低コスト、安定収益モデルの構築
  • 小アクセスからの収益化
  • 並行展開によるリスクヘッジ
  • 異なるニーズへと多角的な展開
  • ジャンルを問わないビジネスモデル

しかし、これらが実現出来るのは、当社の持つスキルによるものではなく、あくまでも需要の根源である顧客が共感していただけている事に他なりません。

その意味を忘れず、提供する側と必要とする側の架け橋になれるような会社でありたいと思います。

2018年1月10日
株式会社レフトーバー
代表取締役 滝谷 光弘

概要